土鍋

土鍋の使い方


 

鍋といえば、定番なのが陶器製の土鍋を使った鍋。

土鍋はじっくりと火が通る熱伝導率の低い鍋です。

じっくり、ゆっくり温るのに、長時間煮込んでも比較的焦げ付きににくいため、寄せ鍋などの鍋料理に適しています。

但しデリケートな素材なので丁寧に扱う必要があります。

土鍋の使い始め ”目止め”

土鍋を最初に使うには事前に準備が必要です。

  1. 土鍋にお茶碗1膳程度のご飯を入れ水7~8分目程度でふたをせず弱火でおかゆを作ります。小麦粉や片栗粉(大さじ2~3)でも良いと言われています。
  2. おかゆが炊き上がったら火を止めたら、そのまま一晩放置します。
  3. 中身をすて、スポンジなどのやわらかいもので丁寧に水洗いします。
  4. 布巾で水分を拭き取り、完全に水分がなくなり、自然乾燥できたらしまってください。

 

この下準備は、土鍋は土を使っているため、表面のざらつきや水漏れしやすいためです。

土をこね伸ばしてできる隙間や釜に入れて焼き上げるときにできる細かいひびをおかゆや小麦粉、片栗粉のデンプンで隙間を埋める必要があります。これを”目止め””と言いま す。目止めをしないで煮炊きすると、水分が鍋の素材にしみ、鍋底から染みだしてくるのです。使い始めには目止めで、ご飯の状態”からおか ゆを作ってください。

土鍋の使いかた

土鍋は急な温度変化に弱いので底が濡れたまま火にかけるとヒビが入る場合があります。
底が濡れている時は水気をふき取り、弱火から徐々に温度を上げてください。
また火からおろす場合には、木製の鍋しきなど温度変化に対応できるものを利用してください。

土鍋の使い終わり

鍋を終わったあとは使用後は、しばらく自然に冷めるまで放置して、冷めてからスポンジやふきんなど柔らかいもので水洗いします。
そのままにしておくと、汁などが染みこんでカビの原因にもなります。
洗うときは研磨剤・クレンザーなどは使わないでください。キズの原因になります。特に鍋底は釉薬がかかっていないため、キズがつきやすくヒビ割れの原因になります。
アフター鍋を楽しむなら、残りは別の器に移してください。

まだ熱い土鍋を急に水につけるのもヒビ割れの原因になります。必ず冷ましてから洗ってください。

洗った土鍋は、水気をふき取りそのまま放置して完全に乾かしてから収納してください。
湿ったまま収納するとカビの原因になります。

 

土鍋の収納

新聞紙を包んで保存します。

土鍋のごけつき

  1. お湯でしばらくつけておく
  2. お湯で煮てみる
  3. 冷めてからスポンジで丁寧に洗う

土鍋の臭いを取る

いろいろな鍋を作っているとだんだん臭いがついてくることがあります。

鍋にお茶をいれて7~8分目くらいの水で弱火で10分ほど煮立ててください。
土鍋に水を入れて沸騰させ、火を止め重曹を入れる方法もあります。このときはしばらく置いて冷めてから水洗いしてください。

土鍋のカビとり

鍋にカビがついてしまった場合。ちゃんと乾燥させないとカビがついてしまうことがあります。

酢を大さじ2から3杯を入れて、8分目の水で弱火で沸騰したら10分ほど煮立ててください。

カビが生えてしまったら、完全にとることはできませんが、殺菌すれば使えたりします。
どうしても気になるようでしたら買い替えを検討しましょう。

土鍋のひび

ひびができたら目止めをしてみてください。

鍋だ土鍋_03